So-net無料ブログ作成
検索選択

ブログランキングに参加しています。
おだててみると、ナニカオモシロイことが起きるかも知れません。
モチロン保証はいたしませんが。
人気ブログランキングへにほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へにほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
写真はダウンロード可能です。お気に召した写真があれば、ご自由にお使い下さい
ただし、写真も著作権の放棄はしておりません。

ST Motor Control Workbench [オススメの「本&おもちゃ」]

 4ヶ月前に購入して、お蔵入りだったP-NUCLEO-IHM001の解説記事のある雑誌が発売された、
Interface(インターフェース) 2016年 05 月号

Interface(インターフェース) 2016年 05 月号

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: CQ出版
  • 発売日: 2016/03/25
  • メディア: 雑誌


この雑誌のおかげで4ヶ月前動かすことのできなかったハードディスクのスピンドルモータを回すことができた。
mcwb3.jpg
(アルミハブのねじ穴が回転しているのが確認できると思います)
 この雑誌のこのページが問題解決に役立った。
 なにしろ4ヶ月前にはST Motor Control Workbench (STSW-STM32100)なんてものがあることすら知らなかったしなあ。
 ST Motor Control Workbenchの実際の画面このようなもので基板のボリュームを回さずとも実験できるので便利。
mcwb1.jpg
mcwb2.jpg
 ただ残念なことにGetting Started - Start your motor using Motor control workbench で紹介されているMotorProfilerの機能を利用するには無料開発環境に依存する貧乏人には利用制限の壁が立ちはだかっている。残念。

人気ブログランキングへにほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へにほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ









nice!(0)  コメント(3) 

nice! 0

コメント 3

匿名

自分もInterfaceを見てP-NUCLEO-IHM001を購入したのですが、ST Motor Control Workbenchがどこで手に入れられるのかわからず使えない状況です。
URLや方法など入手方法を教えてもらえるとありがたいです。

返信の方お願いします。
by 匿名 (2016-05-24 14:39) 

Stroll

ブログ当該記事中にリンクを張ってあります。STSW-STM32100が製品コードのようですからSTSW-STM32100で検索してもヒットします。ソフトウェア入手にはSTへのユーザ登録が必要だったように思います。
by Stroll (2016-05-24 22:50) 

匿名

ありがとうございます!

無事入手することができました
by 匿名 (2016-05-26 18:05) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

面白い記事は見つかったでしょうか?下のバナーをクリックして応援してくださった方々、ありがとうございます。
人気ブログランキングへにほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へにほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ

メッセージを送る